映画「新聞記者」

6月28日から公開されている「新聞記者」を先日見ました。
望月衣塑子(東京新聞社会部記者)さんの書いた「新聞記者」を原案に作られた映画です。

5月に望月衣塑子さんの講演を聞き、本も読んでみました。どんな映画になるのか興味がありました。

テーマは「権力と報道」です。

大学の新設計画にまつわる極秘情報の真相を暴く物語です。
加計学園、詩織さんの性被害、前川喜平前文部科学省事務次官の「出会い系バー」報道等を連想させる、安倍政権と関わりのある事件が絡み合って展開していきます。

見終わって、重たい感じになりました。全体に暗く、怖い雰囲気が漂っています。

映画の中で、「内閣情報調査室」が現政権を守るため不都合なニュースをコントロールし、世論を作り上げていく姿は、加計学園、詩織さん、前川喜平氏で実際に見せられてきたものだけに、姿なき権力の怖さを理解させるものでした。

「この国の民主主義は形だけでいいんだ」と官僚が語るシーンがありましたが、現在の閉塞感を感じさせる象徴的な言葉だと思います。

望月さんは本の中で、ある役人の言葉を紹介しています。『頭がいいとか、どこの社とかじゃない。自分が新聞記者に情報を話すかどうかは、事の本質に関して、その記者がどれだけ情熱をもって本気で考えているかどうかだ』。また、「ここまでなら言ってもいいと線引をしている」と書いています。

それは、ひたむきに真実を追求する記者の姿勢に組織や立場を超えた「共感の心情」が生まれるからではないでしょうか。

新聞記者も役人も「人」です。

もう少し「人間関係」に迫った表現があった方が良かったのでは、と感じる映画でした。

【7月14日追記】 これまでいろいろな問題について、近隣市役所を始め埼玉県庁や省庁へ相談に行ってきました。担当者からは決まって、『吉川市さんのことは、吉川市さんが一番分かっていると思います。個別具体的な事案について、私どもが言う立場にはありません。お話しできるとしても、あくまで一般論でのお話しです。』と、はじめに言われます。

どういわれても、分かっている方に直接お会いし話すことが重要だと思っていますので、先方の都合に合わせて伺うようにしてきました。。

「解決」したい問題について、内容と状況を説明します。そして私が「何のために・誰のために、何をしたいのか」を伝えます。関連する資料や問題を取り扱った「議会報告」のチラシ等も用意します。目的と自分の立ち位置をはっきりさせることが必要だと考え、そうしてきました。

また市の考え方や主張を明確に伝えるとともに、私の考えや意見を聞いてもらうこともあります。そうしていると、いろいろな形で担当者から示唆を受けることがあります。

ある省の担当者は、『稲垣さん、議会でこういう質問をされたらどうですか』とつぶやきました。それは、市の判断の誤りを突く核心的内容でした。また別の所では、担当者が自分の休日を使って吉川へ来て「現場」を確認されました。その上で、『自分のところではこのように判断する。その理由はこうです』と話されたことがあります。

市と市民にとって、より良い方向性を考える大きなヒントを与えて頂いたと思っています。自信を持って取り組むことが出来ます。

新聞記者も議員も、「情熱」と「信頼」そして「共感の心情」があってよい仕事が出来るのではないでしょうか。

*望月衣塑子さんについては、5月19日のブログで紹介しています。

対韓輸出の規制

トランプ米大統領が朝鮮労働党 金 正恩委員長と電撃的に板門店で会談を行った翌7月Ⅰ日、政府は半導体材料3品目の対韓禁輸を発表しました。

7月4日から、輸出手続きでの簡略化をする「優遇措置」の対象から韓国を外すという。

元徴用工問題、自衛隊へのレーダー照射そして元慰安婦の「和解・癒し財団」の解散について、解決へ向けた対応をしない韓国への対抗措置とされています。

政府は、「信頼関係に基づく輸出管理の継続が困難と判断。安全保障の観点から見直すもので、対抗措置ではない」としていますが、韓国も、日本でも信じる人はいません。

韓国側は、「撤回しなければ、WTOへの提訴をはじめ対抗措置を取る」、「元徴用工訴訟で日本企業に賠償を命じた、韓国最高裁の判決に対する経済的な報復」、「民主主義の原則に照らして常識に反する」、「相応の措置を検討する」等、の主張をしています。

韓国の主要産業である「半導体」をネライ撃ちにした措置であることは明確ですが、米中通商紛争のあおりで低迷している輸出にさらに追い打ちをかけたことになります。

これまでの韓国の反応・指摘は、政府の想定内のことだと考えられますが、しかし、問題はこれからだと思います。

6月29日に閉幕した主要20ヶ国首脳会議で、自由貿易の重要性と反保護主義を掲げてきた日本に対し、世界から批判が集まることやWTO違反の声が高まる恐れがあります。
また韓国程ではないとしても、国内の電気・自動車・精密機械、半導体製造装置業界などへの影響が出てきます。さらに、将来的には半導体材料の調達先を日本以外の国へ変更することも考えられます。

解決が長引けば、日本・韓国ともに疲弊し関係がさらに悪化することは当然です。

「この際、徹底的にやれ」。「報復は即時撤回せよ」という考えがありますが、どちらも難しい感じです。

「官邸」の強い意向で出された措置のようですが、「官邸」はこの後の対応をどこまで考えているのでしょうか。

【7月7日追記】それにしても、実質的に禁輸となる7月4日は参議院選挙の告示日です。昔から、国民の目を海外に向けさせ国内の問題からそらすのは常とう手段ですが、この時期にやる意味がありません。強い安倍政権をアピールし、ナショナリズムを喚起するためて゛しようか。

韓国もよく分かりません。現政権に限らず支持率が下がると日本を敵対視してバッシングを繰り返します。また政権が変わると、前の大統領や関係者を逮捕したり、自殺に追い込む変な民主国家です。

日本の司法も完全に独立しているとは言い難いですが、韓国最高裁の判断は余りにも時の政権に忖度していると思います。

国際関係、外交の基本は「合意は拘束する。約束は守らるべし」です。国と国の間で交わした約束事は、政権が変わっても守らなければなりません。

「和解・癒し財団」の一方的な解散(6月)もおかしなことです。

そうは言っても、そんな国が隣にあり、長い歴史の中でお互いに影響を与えてきました。現在は、部品を相互に供給して生産活動を行う(水平貿易)関係です。パナソニックやソニーがLG製有機ELパネルを使ってテレビを生産しています。いろいろな産業でそれが進んでいます。

この問題で報復が報復を生み続けて行けば、韓国経済は破滅的な危機に陥ると思います。アメリカ・中国の介入や、「のっびきならぬ事態」へ行く前に解決をしなければなりません。

日本には、「大人の対応」が求められるのではないでしようか。

エレベータリニューアル専門部会

先程、エレベータ(EV)リニューアル専門部会が終わりました。
今年の3月から始まり、今回で5回目です。委員8名と現在の管理組合三役が構成員です。

管理組合から要請を受け、1月から準備を始め、エレベータ(EV)リニューアルについての答申をする専門部会に参加することになりました。

早いもので来年、マンションに移り住んで30年になります。
管理組合の理事長や大規模修繕委員会の委員長等をやったことから、EVリニューアル専門部会のメンバーに選ばれました。

若く元気な方にお願いしたいと思いますが、入居して30年もたつと、私と同じに定年を迎え再雇用も終わった方が多くなりました。現役で仕事をしている方が少ない感じです。EVの専門家はいませんが、建設会社や機械関係の会社で仕事をしてきた(している)方もおり、それなりに幅広く議論をしています。

5台あるEVを6,000万円~8,000万円かけてリニューアルする工事です。

首都直下型地震が心配される中、地震や停電時の「閉じ込め」対策や、工事をする8日間から1ヶ月の間EVが使えない生活にどう対応するかを始め、全てを新たにするのか、部分的に改修するのか、メーカーの違い(優位性)と工事費の削減方法等、調査・検証すべきことが多くあります。

また、今使っているEVの部品供給はいつまで続くのか、「既存不適格」と管理組合の責任についても、明らかにしなければなりません。
さらに、310世帯の住民へ現状と課題、対応策を分かりやすく伝え、意見を聴取することも必要です。

居住者の高齢化が進む中、最小の費用で「安全」と「安心」を確保しなければなりません。

「安全に使える間は最後まで使うべき」と「より安全で安心なEVに」という考え方の中で、議論はまだしばらく続きそうです。

そういえばかつて百貨店を作った時、三菱と日立のエレベータ・エスカレータを大量に発注したことがあります。
メーカーから、出来上がったので工場へ来てください。「翌日はゴルフですか、釣りにしますか」と聞かれました。

残念ながら忙しくて、行く時間が取れませんでした。

【6/30日追記】 市の事業と同じで、必要性と有効性を検証しています。本当にやらなければならないことなのか、いつやるのか、どんなやり方をするのか。そして、どれ程の効果が期待されるのか(日々の生活のなかでの快適性)です。さらに、安全性や法的な視点、資産価値の維持という側面からの検討も必要になってきます。

同時に、居住者の思い、期待があります。30年近く経ち、いずれ近いうちに直さなければならないのだから、早く進めてほしい。工事期間中はEVが使えなくなるので、身体がまだ動くうちにやってほしい。また、マンションは年数がたつほど修繕にお金がかかる。この先3回目の大規模修繕を考えると、出来るだけ出費を抑え、修繕積立金を貯え大切に使ってもらいたい等の声です。

必要性・有効性等の「理屈」だけでは判断できないところが、難しいところです。

「議会報告」を作成しています

6月議会は閉会しましたが、今週は吉川美南高校の生徒さんを迎えての「模擬議会」の開催や、広報委員会、そして今日は月に一度の「財政分析」の勉強会でした。

その合間に、いながき・いとう「6月議会報告」の原稿を作成しています。
以前は、原稿用紙に下書きをしてからパソコンへ入力していましたが、数年前からは直接パソコンに入力して、編集しています。

議案書や質問通告書、資料、答弁書等を読み込み、テープの音声を聞きます。
そして、『何を伝えたいのか』を考えて一気に入力します。

これが結構大変です。気分が乗らないと始めることが出来ません。
また途中で、一つの「言葉」に詰まるとなかなか進みません。

そんな時は家の片づけや掃除、隣のスーパーで買い物をしたり、ホームセンターで売っているネコと犬を見に行きます。また、近くを散歩したり、花を生けることも。

今回は、緑道の花の植え替えをしました。黄色とオレンジのマリーゴールドです。

植え替えと水やりで3時間。お昼ご飯も食べずにガンバリ、汗をかいてさっぱりしました。

それで「ヤル気」になって原稿が進めばよいのですが、今度は疲れてヤル気が起きません。困ったことです。

12年間続けています。どれだけの方に「議会報告」をお読みいただき、我々の思いをお伝え出来ているのか分かりませんが、毎回、一つの「言葉」に悩んでいます。

株主総会

株主総会のシーズンです。
6月の3・4週に開催日が集中しています。
一時は総会屋対策で、同じ日に集中していたこともあったと思いますが、最近はそうでもないようです。

初めて株主総会の応援に駆り出された時はビックリしました。
「議決権行使書」を持たずに会場へ入ろうとする「総会屋」を阻止する担当でした。

総務部の係長が「総会屋」になって、怖いことを言いながら我々の制止を振り切ってエレベーターへ乗り込む迫真の演技でした。
阻止できないと、「身体でぶつかれ!真剣さがない」等と怒られ何度も練習をしました。

総会が終わると、普通の弁当の3倍位高そうな「豪華弁当」をいただきました。就業後には、担当課の打ち上げ会にも呼ばれました。

当時は担当課として、株主総会を短時間で無事に終わらせることが重要業務の一つでした。
その後も毎年、株主総会の応援業務につきました。主な仕事は受付です。「議決権行使書」を確認し、エレベーターホールを案内。終了後は、お帰りになる株主へお土産(会社名のロゴが入ったタオル)をお渡しました。

年々、「総会屋」さんの出席は少なくなり、私が退職する頃にはほとんど来なかったと思います。緊迫したこともありましたが総会屋対策に係わる詳細は、古い話とはいえ控えた方が良いと思いますのでここでは割愛します。

困ったことは、元社員(OB)株主への対応です。

「株主への対応は全て同じ」が原則ですので、先輩であっても挨拶や話をすることは出来ません。

ほとんどのOB株主の方々は在職中、それなりの役職につき活躍をされた方ですので「俺のことは知っているだろう」「元気にやっているか?」という感じで話かけてきますので、その対応には気を使いました。

毎年、元いた会社の発展と今後の計画を確認するのが楽しみな様子でした。企業年金もしっかりともらえた世代の人達ですので、悠々自適感に満ちていました。

会社によっては株主総会を都心のホテルで開催し、開始前にお茶と軽食を提供していたところもありました。当日、出席者へのお土産配布はほとんどの所でやっていたと思います。

今では、●当日ご出席の株主さまへのお土産のご用意はございません。何卒ご理解くださいますようお願い申し上げます。と召集通知に書かれています。

時代は変わっています。

丸山穂高議員への「糾弾決議」

6月6日、衆議院本会議で丸山穂高議員に対する「糾弾決議」が全会一致で可決された。

採決時に自民党の小泉進次郎議員が退席したという。

小泉氏は「丸山さんの言動をかばえるものは何もない。でも、議員の出処進退は議員一人ひとりが判断すべきことで、辞めなかったとき、その方をどうするかを判断するのは選挙だ。それが有権者に与えられた民主主義という力だ」と指摘した。

同感です、私もそうだと思います。

今回のことは、ビザなし交流訪問団の一員としてクリル列島(千島列島)を訪問していた丸山氏の発言が発端です。5月11日の夕方、国後島「友好の家」で開かれた懇談会の席で、「戦争でこの島を取り返すのは賛成ですか、反対ですか」「戦争しないと、どうしようもなくないですか」等と言ったと伝えられています。

日本から見れば北方領土ですが、70年以上ロシアが実効支配している土地です。「友好の家」の外でのことだったら、戦争を煽る発言だと受け止められて「逮捕」されていたかも知れません。当然、日露間での大きな紛争、外交問題になっていたと考えられます。何も考えずに発言したのでしょうか。

日本国憲法第9条では、「日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。」とあります。

東京大学を卒業し経済産業省の官僚となり、そして国会議員になった方です。当然理解されていることだと思います。

国内で、個人的(身内等)な集まりでのことであれば、酔っ払いの不規則発言として、「バカな人、困った方」で終わり、外に出ることはなかったでしょう。

彼もまた、時々見かける「偏差値は高いがバカな人」なのかも知れません。

それにしても、国会で実質的に議員辞職を促す「糾弾決議」を可決することは、法的拘束力はないものの、行き過ぎではないでしょうか。

選挙対策と党利党略もあると思いますが、衆議院としての姿勢を示さなければいけないという「空気感」に忖度しているように思います。

世の中の雰囲気に応えようと「けしからん罪(実際にはありません)」という罪を罰する決議のように感じます。

こうしたことがさらに進むと、集団による反対派や少数派の抑圧、「ものが言えない議会」、「ものが言えない社会」になります。

そうして国の方向を誤らせた過去を思い起こすべきだと思います。

決議案で「国会議員としての資格はないと断ぜざるを得ない」と全会一致で可決しましたが、これまで不品行で問題となった議員をはじめ、他の議員達も皆、本当に*「選良」と呼べる人達なのでしょうか。

*「選良(せんりょう)」:国語辞典には、多くの人の中から選びだされた立派な人。特に選挙で選ばれた代議士。とあります。丸山議員を選んだのは私達、有権者(市民)です。議員を続けさせるのか、辞めていただくのかは「選挙」で私達が決めることだと思います。

江戸川水防演習

昨日は市内小学校6校の春季大運動会(旭・三輪野江小は秋9/21予定)でしたが、午後からは「水防演習」へ参加しました。会場は江戸川運動公園(吉川地区)で、主催は江戸川水防事務組合です。

江戸川水防事務組合は、春日部市・三郷市・吉川市・松伏町で構成していますが吉川地区での開催でしたので、吉松消防組合を始め吉川市消防団、吉川市危機管理課等が中心になって準備、訓練を実施しました。

服装は、「帽子・防災服・編み上げ靴」という案内でしたので、議員になって最初に支給された(議員の互助会で購入)防災服を着用して行きました。
生地が薄く、1月の「出初式」の時などは寒くてしょうがありませんでしたが、今回は役に立ちました。4年前に支給されたものは厚手で冬用の感じですので、とても暑くて着ていられません。

春日部・三郷市は厚手、松伏町はシャツで涼しげでした。どこもオールシーズン用ですので季節によっては、困ることもあると思います。災害時だからそんなことは言っていられないということもありますが、実際に活動する時の装備の一つですので、準備することは必要だと思います。安全靴の着用もその一つだと思います。

今回の演習では、1災害情報無線通信 2水防工法 3水難救出救助が主な訓練でした。1と3は以前、見たことがありますが水防工法は初めてです。

訓練想定は、台風による激しい雨の影響で江戸川が増水し洪水警報(江戸川氾濫危険情報)を発表。江戸川はいつ氾濫してもおかしくない状況の中、人的被害を未然に防ぐため水防団が出動し、堤防の強化を図る水防工法を実施するもの。

水防工法訓練は 、①竹とげ・杭ごしらえ ②土のうごしらえ ③木流し ④五徳縫い ⑤積土のう ⑥月の輪で、これらを実際に消防団(分団毎に担当)が行いました。

土のうを作ったり積み上げは、分かりますが、木流し・五徳縫い・月の輪は初めて聞く言葉でした。いずれも堤防を強化するための工法で、過去の経験から受け継がれている方法のようです。実際に見てみると、成る程と思う工法もあれば本当に効果が期待できるのかと考えるものもありましたが、歴史の中で実証されているものだと思います。

真冬の深夜や早朝、激しい風雨の中での作業となることもあり得ます。いつ起こるか分からない災害に備えるということは、本当に大変なことだと改めて実感した訓練でした。

望月衣塑子

望月衣塑子(もちづき いそこ)、東京新聞社会部記者。

森友・加計学園事件の取材チームの一員として取材しながら、官房長官会見で質問を続けている記者です。

時には、菅(すが)官房長官へ20回以上の質問を重ね、会見が長時間にもなることもあり、官邸の方々からは余りこころよく思われていない方です。
本質は、隠したい・聞かれたくない・話したくないことをしつこく質問されることが嫌で、目障りな存在だからだと思います。

政治部中心の記者クラブの中で、それまでの慣例にとらわれず突撃取材を繰り返すため、総理秘書官や官邸報道室から質問制限や妨害を受けてきました。

望月記者に対し、「取材する側」からも批判があります。仲間内の約束ごとや空気感を無視し、質問を通じ事実を追及する姿勢に、『一人だけ良いかっこをするな』『俺たちのムラを荒らすな』という雰囲気です。無視されたり、政権側に忖度して「自主規制」するように圧力を受けることもありました。

勿論その逆もあります。望月記者に続いて、さらに突っ込んで質問を重ねる他紙の記者もいます。

昨日(18日)の午後、おあしす 多目的ホールで望月衣塑子さんの講演会があり、行ってきました。9条の会@よしかわが主催で、2周年のつどい・記念講演で、チラシには、望月記者が見る『憲法9条とこの国の平和』とありました。

望月さんのお話しを聞くのは初めてです。細身の小柄な方で、2時間近く早口の高い声で全身を使ってのお話しでした。
これまで社会部記者として、首都圏の県警、東京地検特捜部を始め経済部、社会部遊軍(ゆうぐん)で、歯科医師会の闇献金疑惑や防衛省の武器輸出、詩織さんレイプ事件そして「モリ・かけ」等の取材を通しての思いです。

官邸重視、国会軽視が進む中、いろいろな疑惑の中心に『安倍首相』がいることや、トランプ大統領と進める日米軍一体化、米国製兵器の購入と武器輸出、辺野古埋め立て県民投票、入管法強行採決等の問題を通して、権力との向き合い方、国の将来とメディア・記者の役割について語りました。

その語り口は、東京生まれだそうですが、大阪のおばちゃん予備軍のような印象を持ちました。

個人的にいくつか聞いてみたいこともありましたが、質問時間の関係で伺えませんでした。望月さんの本を2冊(*新聞記者・武器輸出と日本企業)購入してきましたので、その中に書かれているかもしれません。

質問の一つは、菅官房長官に質問を続ける意味と心の持ちようについてです。いつも木で鼻をくくったような態度で、決まり文句を繰り返し、一方的にやりとりを遮断する菅手法です。それでも、めげずにやり続ける気持ちについてです。

「市議会」も同じです。やり続けなければ真実は見えず、続けることで変わって行くのだと思います。

*「新聞記者」は映画化され、6月28日(水)より上映されます。主演はシム・ウンギョンと松坂桃李です。

*遊軍でも仕事をしていたということですので、取材力は勿論、記事を書く能力も相当高いと思います。遊軍は、大きな事件や大事故・大災害時に応援に入るメンバーです。フットワークの良さと相手から信頼される人柄でなければ務まらない部署です。

*更新がⅠ日遅れました。申し訳ありません。