思わぬ所が痛みました

前日に降った雪が固まらないうちに除雪しようと、23日(火)朝からマンション内の車(歩)道と加藤平沼線の歩道の「雪かき」をしました。

午前と午後の2回、皆でやったお陰で車の通行と人が歩けるようになりました。

シャベルと雪かき用スコップを使い、ひたすら雪を両側に寄せるとともに、固まっている雪(氷)をスコップで割りました。

腕や腰は大丈夫でしたが一時、手の握力が落ち、瓶詰めフタが開けられなくなってしまいました。 一晩寝たら握力は戻りましたが、尻の筋肉が痛み出しました。多分、普段使わない筋肉を使った結果だと思います。

25日(木)の朝は、吉川駅北口で会派のチラシを配布しました。

通勤・通学の方が、氷状になった所で何人も転んでいました。ポストに頭をぶつけないかひやひやしました。転び方が悪いと大怪我になっても不思議ではありません。

同僚の議員が見かねて、近所の方からスコップを借り凍った雪(氷)を割りましたが、固く凍っておりうまく行きませんでした。

これはビラを配っている状況ではないなと思い、午後2時半過ぎに『議会運営委員会』が終わりましたので、会派の仲間と一緒に駅前へ行き、スコップと鉄パイプで氷を割り、通路を広げました。

「鉄パイプ」は「スコップ」の数倍の効果がありました。スコップでは割れにくい氷がかなり割れました。「鉄パイプ」にこんな使い方があるとは思いませんでした。私は主に、2本のシャベルを使い、何度もたたきながら5時頃までやっていました。その後、5時~7時まで再度ビラ配りを5人で行い、終了後に夕食を取り帰宅しました。

深夜2時頃、目が覚めると首の後ろ部分が痛み、眠ることが出来ません。翌日の深夜また、首の後ろの肩中央が猛烈に痛み目覚めてしまいました。どの筋肉なのかよく分かりませんが、身体の向きを変えても痛みがひどく、眠ることが出来ません。結局朝まで起きていました。

普段持ちなれない「スコップ」を使った氷割作業が、こんな形で身体に影響するとは思いませんでした。

ここ10年位は、「雪かき」を続けていますが初めての経験です。

*更新が遅れました。申しわけありません。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です