「川上澄生」

初めて、「川上澄生」の名前を知ったのは、40年以上前のことです。

版画家「棟方志功」について書かれた雑誌で、「川上澄生」の名前を目にしたか、あるいはTVコマーシャルの中で、川上澄生の「南蛮船」の版画を見た時だと思います。どちらが先かは思い出しません。

棟方志功は若い頃、「油絵」を描いていましたが、ある日、川上澄生の「初夏の風」を見て「版画家」になったそうです。棟方志功に衝撃を与えた、川上澄生の「初夏の風」はどんなものなのか知りたいと思いました。

テレビコマーシャルで流された「南蛮船(人?)」を見た時、私も衝撃を受けました。川上澄生の「南蛮船(人)」とともに、『タバコ渡来す。これ悪魔のわざか…』のナレーションが入りました。確か、サントリーウイスキーの宣伝だったと思います。 それ以来、関心を持ち続けています。

宇都宮(鹿沼)で開催されていた、「川上澄生」の版画展へも時々行きました。

本は、神田の古本市(店内の催事)で見つけていました。手元には、手刷り木版画付き全集(14巻)と古本が少しあります。版画の付いていない全集は、妹が欲しいというのであげました。

たまに、見たり読んだりしますが、いつ見ても新鮮でいい版画だと感じます。心が落ち着きます。

「川上澄生」は横浜・長崎・銀座、南蛮や文明開化の風俗をテーマに多くの作品を残しています。アラスカの風景や北海道のアイヌに係わるものもあります。当時の日本人が南蛮や文明開化を目にしたときの素直な驚きと憧れが伝わってきます。懐古的で詩情にあふれた眼差しで、人や建物、街かどや自然の風景そして物を見つめています。木版画だけでなくガラス絵、詩、絵本等いろいろなものを制作しています。我が家で使っていたトランプの絵には、着物姿の日本人や暮らしの中で使う道具等が描かれていました。ユーモアのセンスもあります。

どの作品にも「川上澄生」の発想の豊かさと表現に驚かされます。そして詩情と優しい感性に、『日本人』を感じます。

議会が終わり一段落したら、4月Ⅰ日から再開する(現在改修工事中)鹿沼の「川上澄生美術館」で、ゆっくりと実物を見たいと思っています。

*川上澄生  明治28年横浜に生まれ3歳の時、東京青山へ移転。大正4年20歳で母を亡くし、その後父の勧めでカナダへ渡りました。アラスカへも行き、缶詰工場(鮭缶のホイットニー)の人夫として働きました。大正7年に帰国。大正10年、栃木県立宇都宮中学校(現宇都宮高校)の英語教師になりました(大学は青山学院)。木版画の制作は大正元年ですが、本格的に始めたのはこの頃です。前回ご紹介した、「初夏の風」は宇都宮時代の作品です。生徒から付けられたあだ名は「ハリさん」。髪の毛がハリネズミのようだったそうです。本人は、「ゑげれすいろは人物」の中で自らを『へっぽこ先生』と言っています。昭和13年に結婚し、太平洋戦争が始まった昭和16年に学校を退職。昭和20年、妻の実家がある北海道へ疎開。苫小牧中学で教鞭を取りながら、アイヌの風俗や北海道の自然をテーマに制作。昭和23年、ふたたび宇都宮へ戻り、県立宇都宮女子高校の講師となりました。戦後の作品は南蛮と文明開化がテーマです。昭和47年9月没。77歳でした。

【追記3月12日】*「初夏の風」 ピンクのドレスを着た若い婦人が左手に日傘を持ち、右手は帽子を押さえています。スカートか風を受け、ふくらみ傾いています。彼女の周りを抽象化された風が覆うようにエメラルドグリーンで描かれています。代表作の一つですが、現存しているのは2枚だそうです。この他に、別の婦人と思われる方の版画があります。成熟した感じの女性の姿が逆の構図で描かれ、詩は「われはかぜとなりたや」で始まります。単色(墨)で刷られた作品です。また、宇都宮時代に制作した「初夏の風」の女性だけを描いた版画もあります。

 

 

春一番


3月Ⅰ日、昨年より12日遅い「春一番」。強い南風が吹き、関東地方にも春が来ました。東北や北海道では、「数年に一度」の猛吹雪となりました。

晩夏の午後、吹く風に秋の訪れを。吹き寄せられた「落ち葉」に木枯らしの季節を感じます。「もう」・「いよいよ」・「やはり」という感覚です。

子どもの頃、プールの帰り道。生暖かい風に「夕立」を予感しました。黒い雲、大粒の雨、突風と雷。それが終わると何もなかったのように広がる、「夏の空」でした。

山では、下山途中に大きな木がそよぎます。そんな時、『地球』は生きていると感じます。

ボブディランが「風に吹かれて」を歌い、五木寛之は「風に吹かれて」を書きました。私が最も好きな「風」は、川上澄生の「初夏の風」です。 版画に詩が彫られています。ご紹介します。

     「初夏の風」    

かぜとなりたや    はつなつのかぜとなりたや    かのひとのまえにはだかり    かのひとのうしろよりふく    はつなつのかぜとなりたや    はつなつのかぜとなりたや

出来ることなら、生きたいる間、「風を感じられる」人でありたいと思っています。

*更新が遅れました。申し訳ありません

春です

寒い日が続いていますが、日一日と春めいてきました。

6時前には明るくなり、夕闇の訪れも延びてきました。一日の時間が長く感じられます。

今朝は、5時半に起き6時10分前に家を出ました。吉川橋を渡り越谷レイクタウンの調節池を2周した後、いつもの場所で体操をしました。途中、昨日の朝まで降った雨で道路のくぼみの水が凍り、枯れた芝生には霜が降り輝いていました。

朝日を浴びながらの体操は気分のいいものです。調節池の周囲の道路や休憩スペースからは、池とマンション・戸建てが見えます。私はいつも、池を挟んで駅周辺のマンションの方を向いて体操をしています。

調節池の遊歩道には、ウオーキングや犬の散歩をする人がいます。今日は、マラソンをしている方が多いように思いました。

間もなく啓蟄です。やはり、春の訪れを「身体」が感じているのかも知れません。虫も人も動き始める季節です。

議会の方も昨日から始まりました。市長の「施政方針演説」があり、議案が上程されました。

第12号議案は、「吉川市における幸福実感向上を目指したまちづくりのための産業振興基本条例」ですが、条文の中に『事業者、勤労者及び市民の幸福実感向上を目指したまちづくりを推進する』とあります。

私には、産業振興基本条例の中に『幸福実感向上』を盛り込む理由がよく分かりません。

『幸福』に対する「思い」や「幸福感」は、人により異なり、他人が「とやかく」言えるようなものではない思います。

 

 

「腸内フローラ」に感謝

一昨日の深夜2時、目が覚めました。就寝してから突然の腹痛で、1時間足らずで起きてしまいました。

最近は風邪をひくこともなく、腹痛も5年位はなかったと思います。

トイレの中で30分程痛みに耐えていました。冷や汗か脂汗か分かりませんが、顔からも体中から汗が出ました。

途中、妻を起こして救急車を呼んでもらおうかとも考えました。「深夜なので、マンション内に入ったらサイレンは鳴らさないようにお願いしよう。吐き気もあったので、下痢と吐き気で熱が出ないとなれば、今年のインフルエンザの一つの方と一致する」等と思っていました。

幸いにして、30分程で治まりました。 妻を起こさないように静かに着替えをして、再度床に就きました。

日頃、家族をはじめ身近な人に、『予防接種はしない方が良い。免疫力を高めるようにしていれば大丈夫』と言っているので、インフルエンザだったら『嫌だな』と思っているうちに寝てしまった。 これまで救急車に乗ったことはありませんが、お世話にならずに済んで良かったと思います。

以前から、「腸内細菌」には気を付けています。出来るだけ善玉菌を優勢にしておこうと、食事に注意を払っています。 野菜や発酵食品を食べ、善玉菌の代表であるビフィズス菌を多く取るようにしています。ヨーグルトやヤクルトもいいと思いますが、日本人には植物性の乳酸菌が身体にあっていると思い、カゴメの「ラブレ」を毎日飲んでいます。

いずれにしても、健康と若さのためには腸内の善玉菌を多くしておくことだと思っています。

腸内には1,000種類、100兆個を超える菌がおり、発ガンや各種疾病に関係し免疫能の促進、抑制に作用しています。 人の「健康と病気」に深く関係しています。

 「腸内細菌」は、善玉菌(20%)、悪玉菌(10%)、日和見菌(70%)の3グループに分けられ、常に勢力争いを繰り広げせめぎ合っています。日和見菌はいつも、どちらか強い方の味方になっています。

私たちの社会もよく似ています。 多くの人は、強い方の味方をします。まわりの人と異なる言動を慎み、敵ではないと装います。 おだやかに生きていくための知恵かも知れません。

議会も似ています。 どちらの側を善玉、悪玉とするかは、見ている人によって違います。

自分は、善玉か悪玉かは分かりませんが、「日和見」でないことだけは確かだと思います。

*当日は、朝からまた元気に仕事が出来ました。腸内フローラに感謝しています。

フグ供養(築地市場)

築地市場で最初に驚いたのは、*「ターレ」です。

荷物を積んで市場内を走り回っています。それも、相当な台数がかなりのスピードで縦横無尽に動くので、ぼやぼやしていられません。

いろんな動きをするので危ないのですが、ぶつかったのは見たことはありません。 当時はすでに電気でした(多分)ので、エンジン音も臭いもありませんでした。

場内にはいろいろな施設があり、都の「検査室」と一緒だったと思いますが、フグの「除毒所」もありました。一般の方は立ち入ることは出来ませんが、フグの毒を厳重に管理しておりました。 また、フグの調理師免許を取るために、フグを捌く練習をする場所があり、取得を目指す調理師が来ていました。

私のいた会社でも食品のある店舗の魚屋さんには、必ずフグ調理師免許を持った方がおりました。 新設店舗では開店前に保健所の立ち入り検査があり、 免許証の掲示やフグの毒を入れるステンレス製容器(鍵付き)の確認をしていました。フグには、猛毒のテトロドトキシンがあります。毒性は青酸カリの1,000倍で、致死量は10グラムだそうです。

全国で、フグ調理師免許があったのは東京都だけでした。他府県では免許は必要ありませんので、怖いと思っておりました。

ただかなり前から「身欠き」のフグといって、毒を取り除いたフグを仕入れることが出来ますので、それを使っている所は大丈夫だと思います。

フグ調理師免許の試験は理論と実技だと聞きました。理論はペーパーテストですが、実技試験は、まず、丸のフグを部位に分け、毒のあるところと食べられる所を明確に分けること。手際の良さや時間も見ていたようです。

試験官が見ていますので時々、緊張のあまり手を切って血を流す受験者もおられるようです。手を切ったりするとアウトだそうです。

年に一度、「フグ供養」が行われていました。

隅田川の脇に大きな「いけす」があり、そのそばで放流をしました。

地元の衆・参国会議員、中央区の区長をはじめ、フグ料理組合やフグを取り扱っている業者の幹部等、関係者がフグを放流します。

私も参加したことがあります。お偉い方の後に、遠慮して少し小さめの奴を数匹。これぐらいの奴はそれでも、食べると「1万5千円はするな」と思いながら放しました。

放流の後は、宴です。市場の中ですが、どこでやったかは覚えていません。鮮度のよい生のマグロがメインで沢山あったのを覚えています。

ビールや日本酒と一緒に美味しいマグロを頂きました。市場関係者の集まりですので、やっぱりいい物が出ているなと思いました。

フグ料理屋の女将さん達も着物姿で大勢来ており、華やいだ雰囲気でした。

不謹慎にも、「これでフグが出たら最高」との思いも一瞬よぎりましたが、フグ供養ですので、フグは出ません。

*「ターレ」:昔の「大八車」です。荷物を積んで移動するための車てす。当初の動力はエンジンでしたので「バタバタ」とか言われていました。今はモーターで動きます。乗れるのは運転主一人で、後ろに細長い荷車がついています。

 

 

小さな水族館

昨夜、NHKテレビで築地市場を案内する番組がありました。

その中で、豊洲移転を前にして市場で働く、“仲卸”の仕事ぶりを紹介していた。 まぐろやエビ専門の仲卸です。

すし職人をはじめ和洋の調理人たちの相談にのり、職人が求める魚介類を競り落とし、販売する人達です。 鮮度や旨みを見極めるプロで、一流と言われるお店を陰で支えています。

以前、銀座の寿司屋の2代目がアナゴを仕入れに来て、付き合いのある卸しから買っている様子を映した番組がありました。

元々アナゴはそう高いものではありませんが、その「安い」アナゴを如何に美味しく調理し、お金を取れる寿司に出来るかです。 美味しいアナゴは、胃の中に食べたものが残っていないことだそうです。仲卸はそういう知恵を伝えていたと思います。

会社にいる時、年に数回仕事の関係で築地市場に行っていました。 築地へ行く楽しみは、お昼ご飯を食べることと『小さな水族館』に立ち寄ることでした。

勝どき門のすぐ脇、小さな建物があり1階に『おさかな普及センター』がありました。資料室もあったと思いますが、その一角に「小さな水槽」が沢山あり魚がいました。

「おさかな君」程有名ではありませんが、おさかな博士がいました。 まだ若い研究者でしたが、魚に魅せられた人でした。

魚の話をよくしました。店からの相談や困りごとの時、電話で教えてもらい助けて頂きました。

今、小さな水槽があり魚がいるのか、研究者がいるのか知りませんが、彼もまた、「市場」を支えている一人だったと思います。

思わぬ所が痛みました

前日に降った雪が固まらないうちに除雪しようと、23日(火)朝からマンション内の車(歩)道と加藤平沼線の歩道の「雪かき」をしました。

午前と午後の2回、皆でやったお陰で車の通行と人が歩けるようになりました。

シャベルと雪かき用スコップを使い、ひたすら雪を両側に寄せるとともに、固まっている雪(氷)をスコップで割りました。

腕や腰は大丈夫でしたが一時、手の握力が落ち、瓶詰めフタが開けられなくなってしまいました。 一晩寝たら握力は戻りましたが、尻の筋肉が痛み出しました。多分、普段使わない筋肉を使った結果だと思います。

25日(木)の朝は、吉川駅北口で会派のチラシを配布しました。

通勤・通学の方が、氷状になった所で何人も転んでいました。ポストに頭をぶつけないかひやひやしました。転び方が悪いと大怪我になっても不思議ではありません。

同僚の議員が見かねて、近所の方からスコップを借り凍った雪(氷)を割りましたが、固く凍っておりうまく行きませんでした。

これはビラを配っている状況ではないなと思い、午後2時半過ぎに『議会運営委員会』が終わりましたので、会派の仲間と一緒に駅前へ行き、スコップと鉄パイプで氷を割り、通路を広げました。

「鉄パイプ」は「スコップ」の数倍の効果がありました。スコップでは割れにくい氷がかなり割れました。「鉄パイプ」にこんな使い方があるとは思いませんでした。私は主に、2本のシャベルを使い、何度もたたきながら5時頃までやっていました。その後、5時~7時まで再度ビラ配りを5人で行い、終了後に夕食を取り帰宅しました。

深夜2時頃、目が覚めると首の後ろ部分が痛み、眠ることが出来ません。翌日の深夜また、首の後ろの肩中央が猛烈に痛み目覚めてしまいました。どの筋肉なのかよく分かりませんが、身体の向きを変えても痛みがひどく、眠ることが出来ません。結局朝まで起きていました。

普段持ちなれない「スコップ」を使った氷割作業が、こんな形で身体に影響するとは思いませんでした。

ここ10年位は、「雪かき」を続けていますが初めての経験です。

*更新が遅れました。申しわけありません。

 

オウム裁判終結

今朝の新聞に、『オウム裁判終結へ』の記事が一面トップに出ていました。

「オウム真理教」が起こした坂本弁護士一家殺人事件や地下鉄サリン事件、VX殺人等の事件から30年、関連の裁判から23年が経過したことを伝えています。もうそんなに経ったのかという思いとともに、思い出したくない出来事です。

裁判では192人が起訴され、13人の死刑が確定し無罪は2人。 弁護士一家は、弁護士と妻そして1歳2か月の子どもが殺され、地下鉄サリン事件では、死者13人、6千人を超える負傷者が出ました。拉致監禁殺人、リンチ殺人、VX襲撃等、どれも皆が震え上がる、「おぞましい」事件でした。一つの区切りですが、関係者にとっては「終わりのない」ことで、何とも言いようがありません。

1995年3月20日朝に起きた「地下鉄サリン事件」。その様子を伝えるテレビの痛ましい映像は、こんな事が本当に起こるのだろうかと思う光景でした。何台もの救急車が行き交い、あちこちに被害者が横たわる中、実況する記者の「うわずった声」が今でも耳に残っています。

無差別テロの恐ろしさに身が縮みました。そして、事件を起こしたものだけでなく、事前に防げなかった警察への怒りの入り混じった感情を抱きました。

確か、事件の後、山梨県上九一色村にある教団施設へ警視庁・山梨(静岡?)県警が強制捜査に入り、サリン製造プラントを確認し、隠れていた教祖の麻原彰晃(松本智津夫)を逮捕しました。

私が初めて「オウム真理教」の人達を見たのは、1989年の後半か1990年の初めです。90年2月の衆議院議員選挙に教祖の松本や幹部24人が立候補しましたが、中央線中野駅前で信者たちが活動をしていました。通勤の時に見ていました。

毎日のように朝は、北口で選挙公約のチラシ(小冊子)や変な漫画本(麻原彰晃の偉大さを伝えようとする)を配り、夜は南口で、車の上で数人の男女が白い服に身を包み、「ゾウ」の帽子をかぶり歌いながら踊っていました。 歌は、『ショウコー、ショウコー』と繰り返すようなものだったと思います。異様な光景でした。選挙公約の小冊子は、政党名だけ変えれば今でも通用しそうな内容でした。選挙は全員落選しました。

 その後、上九一色村にある教団施設、『第7サティアンでサリンの製造は出来ない。製造は自殺行為』『警察とマスコミによる宗教弾圧』というようなチラシ等も配布していました。

「人類救済」を言いながら一方で殺人を「ボア」と正当化するオウム真理教。 医師や高学歴の物理や化学の専門家までが、『オウム国家』のためにサリンを生成し、平気で殺人と無差別テロを起こしました。

『人』をそこまで変えてしまう『宗教』が持つ恐ろしさの一面は、「オウム真理教」だけではないように思います。

 

センター試験

大学入試センター試験が今日から2日間行われます。

このところ、北陸や日本海側を中心に『大雪』が続いていましたが、新潟県三条市では、JR信越線の普通電車が線路の積雪で12日の朝までの15時間にわたり、立ち往生。乗客約430人が閉じ込められたそうです。

テレビのニュースでは、車で迎えに来た家族が、今日からのセンター試験を受ける子どもや孫を心配する様子が映し出されていました。

昨年も、この時期最も強い寒波が押し寄せ、雪の影響で各地で混乱し、吉川でもセンター試験の初日、昼頃から強い風が吹き粉雪が舞いました。

私は昭和41年に國學院大学に入りましたが、その頃、「センター試験」はまだなかったと思います。付属高校からの受験でしたので、自席での試験でした。

國學院大学久我山高校へ入った時は、1年13組でした。 戦後のベビーブーム世代ですので、1クラス60名で1学年800人近くいました。まわりは他大学を目指す生徒が多く、よく勉強していたと思います。

高校の「合格発表」の日は雪でした。長靴を履いて見に行きました。

掲示された番号を見つけ、入学手続きの書類の入った分厚い封筒を持ち帰りました。

自宅で開けてみると、「補欠合格」とありました。 そして入学金や諸々の他に、「学園拡充費」として『3万円』を納めるように、と書かれていました。

兄は大学、姉は女子高に在学中。そして私も。親父は公務員(東京都)、大変だったと思います。

昭和45年、サラリーマンになりました。以来、ボーナスを頂くと母に5万円、父には「3万円」を送りました。

私は、今年70歳。ボーナスを頂いても、送る「相手」はもういません。

「寂しい」ことです。

明けましておめでとうございます

 明けましておめでとうございます。皆様のご健康とご多幸をお祈りいたします。 今年もどうぞよろしくお願いいたします。

昨年の12月議会では、吉川市議会の歴史に残る議決がありました。市長提出議案の条例の一部改正が、「否決」されたことです。吉川市議会が「議会」としての役割を果たしたと思います。

議員・議会の役割は言うまでもなく行政のチェック機関です。

市長・執行側が出してきた議案に対し、疑義を正すとともに、いろいろな角度からその必要性、有効性、効果を検討し判断をすることです。また、費用対効果についても考えなければなりません。直接的に予算を計上していなくても、人が動くことでもお金がかかります。部分と全体の「最適」を複数の目で見極め、議論を通して判断する場が議会です。

市が行う取り組み、事業の大前提は、『市民が望んでいる』ことであり、『市民の幸福に繋がる』ことです。

市が、『市民の幸福に繋がる』と考える事であっても、市民と議会の理解、納得、協力なしに、勝手に行うことは出来ません。

市長(執行)は、市民と議会の声に真摯に耳を傾けるとともに、情報の公開と丁寧な説明が求められます。そうでなければ、言葉だけの『市民が主役』の市政となってしまいます。

「市役所」は、市民のためにあり、市民に役立つ所だから「市役所」と言います。

今年も『市民の目線』を基本に、議員・議会としての役割を、「ぶれる」ことなく果たして参ります。