豊島(てしま)

50年ぶりに高松です。
当時は宇野から連絡船に乗って高松に渡り、平家物語に係わる史跡の一つ、屋島の「平家の舟かくし」を訪ねました。

8月22日(木)、今回は高松空港からリムジンバスでJR高松駅へ。隣接したフェリー乗り場から水上タクシーで40分、豊島へ向かいました。

家浦(いえうら)港に到着すると石井 亮(とおる)さんが迎えてくれました。
石井さんは「豊島事件」で住民運動に身を投じた一人で、養鶏や農業に従事し、香川県議会議員を2期務めていました。

一緒に行ったのは20人の地方議員(市議・県議)で、「全国政策研究集会【8/23日(金)・24日(土)開催】のオプショナルツアーに豊島を選び、参加した人達です。

豊島は、産業廃棄物不法投棄により甚大な健康被害と環境汚染をもたらした「ゴミの島」と言われた所です。我が国最大の有害産業廃棄物不法投棄事件が起きた島です。

日本中から、持ち込まれた産業廃棄物は100万トンを超え、現地でシュレッダーダスト等を野焼きしたため「鉛」が高濃度に濃縮され、プラスチックからは「ダイオキシン」が生成。PCB、ベンゼン、トリクロロエチレン等の有害物質等も土壌と地下水を汚染させました。

産廃90万トンの撤去を実現するため、戦い続けてきた歴史と現状を学ぶためのツアーです。

早速、事件の現場となった島の西部、「水ヶ浦」の投棄場所へ向かい、現地で石井さんの説明を受けました。

国立公園の指定を受けている美しい白砂青松の地ですが、事件を起こした会社が海岸の砂やまわりの山を削って土砂を販売していた場所です。山を削り、売れるものは売り尽くした後、広大な土砂採取場跡地を利用して産業廃棄物の処理事業を計画したのが始まりでした。

香川県の許可は、汚泥・木くず・家畜のふんを「ミミズ養殖による土壌改良剤化事業」ですが、実際に持ち込まれたのはそれ以外の産業廃棄物でした。最も多かったのは、車のシュレッダーダストだったそうです。

事件が表面化したのは1990年(平成2年)、*兵庫県警の摘発ですが、発端は1975年(昭和50年)に豊島総合観光開発㈱が産業廃棄物処理の許可申請をしたときから豊島問題は始まりました。

44年にわたる住民運動の結果、2017年(平成29年)に産廃90万トンの撤去は実現されました。長い道のりだったと思います。反対運動、公害調停申請、36回の公害調停を経て最終合意そして産廃の撤去、気の遠くなるような時間です。

処分場の跡地に当時、事業者が使っていた事務所が現在は「心の資料館」になっています。40年間の取り組み・運動が年表に記され資料が保存されています。公害調停の申し立て人549名の名前もあります。半数以上の方が亡くなっています。また、廃棄物をはぎ取った断面が壁に架けられ、「ここで何があったのか」を静かに問いかけています。

写真の中に、筑紫哲也や中坊公平の姿がありました。そういえば、テレビでも豊島の問題を何度も取り上げていました。

ここに来るまでは、豊島の問題はすでに終わっていると思っていましたがそうではありませんでした。現在もなお土壌と地下水の汚染は続いており最終的にその処理が何時までかかるかは不明です。
海岸線360mに、深さ2mから18mの遮水壁(矢板)が打込まれ、土壌改良実験や水処理も行われていますが、終わりなき戦いになるかも知れません。

かつては5メートルもの産廃が積み上げられ、野焼きの煙が県庁からも見えたといいます。県は見て見ぬふりをしていました。

現在は、産廃が持ち込まれる前の土砂採取場跡地のようです。所々に草が生え、水たまりがあります。山の斜面は機械で削った後がそのまま見えました。

「金」の為なら何でもやった事業者。香川県の判断の誤り・黙認、ウソとごまかし、共同正犯ともいえる行政の対応。世間の無理解。反対に、全国からの支援や県庁職員の応援も。そんな中で島民間の対立や分裂をしつつも運動を続け、産業廃棄物の全面撤去を実現した人達の姿と、山と積まれた有害廃棄物が見えてくる場所でした。

丁度、瀬戸内国際芸術祭2019が開かれており、島には国際色豊かに大勢の若者達が来ていました。

*本来は香川県警が摘発する事案ですが、その責任が県知事に及ぶため出来なかった(しなかった)そうです。当時の兵庫県警察本部長は、國松孝次さん(警察庁長官の時狙撃された)でした。

お知らせ

明日8月22日(木)から、「全国政策研究集会」出席のため香川県高松市へ参ります。
ブログの更新は、25日(日)に行いたいと思います。

夏の終わりに

台風10号の西日本直撃で、「お盆」に大きな混乱が生じました。

交通機関を始め、海・山・行楽地、お祭り、そして帰省先からのUターンにも影響がありました。多くの方が帰京の予定日を早めたり、遅らせたりして「やっと」帰ってきたという感じを受けます。

台風一過で猛暑となった昨日と今日、そういう中での移動。お疲れのことと思います。大変な1週間が終わり、明日18日(月)からまた「日常」に戻ります。

私も今週から「日常」が始まります。20日(火)は民生委員の推薦会。22日(木)~「全国政策研究会」参加のため、香川県の高松へ行ってきます。

22日は瀬戸内海に浮かぶ豊島(てしま)。かつて「ゴミの島」と呼ばれたこの島で、何が起こったのかを住民リーダーの一人に案内してもらいます。研究集会での基調講演は前川喜平さん(元文部科学事務次官)で、テーマは「教育と憲法」です。来週は、議会運営委員会(議運)を開き、9月議会の確認。また、勉強会も2日間予定されています。

日韓対立、香港への武力介入、北朝鮮のミサイル、インド・パキスタンの対立、米中貿易戦争、英国のEU離脱等、世界中で紛争や対立、困った問題が続いています。とても心配です。

どれもこれも、解決するのは簡単ではありません。一歩間違え、最悪な結果を迎えることになるのでは。と考えると、何んとも恐ろしいことです。
それ程簡単に、とんでもないことは「しないだろう」「起こらないだろう」とも思いますが、先のことは分かりません。

いろいろな問題がありますが、個人も国も、出来ることは相当限られています。当事者以外は、ほとんど何も出来ないと思います。

私達は皆多かれ少なかれ、「不安」や「心配」をもって生きています。人間・国民・市民として共通のこともあれば、個人的なこともあります。どんなことを「不安」「心配」と考えるかは人さまざまです。

大きなことと考えるのか、些細なことと思うかも。そして時の経過の中で、変わることもあるように思います。

*更新が遅れ申し訳ありません。

お盆の帰省

今日8月10日(土)は、お盆の帰省ラッシュがピークです。高速道路や新幹線の駅、空港も大混雑です。
日本中で大移動が始まりました。

親族に子どもの成長を見せて近況を報告。お墓参りに行き、ふるさとの味と自然に、「ほっと」する一時ではないでしょうか。

毎年、この時期が近づくと上野駅前の「テント村」と「帰省みやげ」のことが思い起こされます。かつては、帰省の最大の足は鉄道で、上野駅は上信越・東北方面へのターミナルでした。

この時の混雑ぶりは尋常ではなく、上野の街全体が異様な雰囲気でした。
駅前から広小路への大通りを始め「アメ横」、路地まで人があふれており、「ふるさと」を目指す人々の熱気が漂っていました。

そして上野駅前の「テント村」で夜を過ごす人達の姿は、帰省の風物詩でした。

当時、担当していた名店街での「帰省みやげ」の販売は、大晦日と並ぶ年間最大の商戦でした。お中元・お歳暮は配送伝票での売上ですが、「帰省みやげ」は持ち帰りが中心でした。実際に商品が動くのでかなりの忙しさです。
1千万円以上の売上が続く、緊張感、充実感のある数日間でした。

地下1階入り口の店頭には、20~30分前からお客様が並び「10時開店」を待ちます。
ピークの日には開店時間を早めたことがありますが、それ以外は「10時開店」を守ったと思います。

しかし、時計を見ながらそわそわと焦った様子の方には、列車の時刻を確認し、間に合うように販売したこともありました。正面横から入店してもらい、どんなお土産を探しているのかを伺い相応しい店へ案内しました。
商品が決まれば、最大のサービスは「時間」ですので正確かつ短時間で接客するように努めました。

この時期は何も言わなくても皆、素晴らしい「接客・サービス」をします。社員・アルバイト・パート・派遣社員の意識と行動が同じになるようです。気合が違います。

短い時間で必要な情報を伝え、正確で美しい動きをします。品出し・包装・精算等、連携プレーも見事です。「笑顔」も「ありがとうございます」も、自然に心から出ているように感じる接客です。

繁忙期は余り間違いは起こりませんが、ヒマな時程、集中していないのか「ポカ」がありました。

お盆が終わり、また帰りに来店されるお客様もかなりいたように思います。

自宅へ帰る前に「お礼を言いたい」と立ち寄られたり、「冷蔵庫を空にしてきたから」と、惣菜や生鮮3品のある地下2階へ向かうお客様もおりました。
後姿からは、「安堵の疲労感」と「ふるさと」の「風」が伝わってくるように感じました。

戦没者追悼式 平和のつどい

先程まで「花火」が続いていました。

ベランダへ出てみると、東から西の方まで「花火」が見えました。今日は5か所でした。
三郷・越谷は大きく、東京と野田の方は小さく見えます。

毎年、7月8月の土・日は「花火」の日です。

子ども達が小さい頃は、ベランダから「玉屋~」「鍵屋~」等と叫んでいました。すると、よその階の子ども達も一緒に叫んでいました。

しばらく前から、そんな声を聞くことはなくなりました。

9時頃になると、大きな花火が一度に沢山打ち上げられ華やかに終ります。仕掛け花火で終わる所もあります。
そして静かな夜に戻ります。

戦没者追悼式 平和のつどいへの出席は今年で12回目になります。
毎年、8月最初の土曜日開催だったと思います。

この日の「花火」はとても寂しい「花火」のように感じます。
当時まだ人口も少ない吉川で、400余の戦没者がおられます。
どれ程大きな戦いだったか想像できます。

戦後74年。
遺族の高齢化が進み、亡くなる方も多くなりました。年々、出席される方が少なくなっているように思います。「戦争」を知る世代は少なくなり、「戦争」は遠い昔のことになってきています。追悼式の最後に、出席者全員で「献花」をします。手向けられる「白菊」も少なくなっています。

「戦争」の犠牲となった方々は、今日までの平和と繁栄そしてこれからの時代をどのように見ているのでしょうか。

今を生き、これからを生きていく私たちは、そうした方々の声をどのように受け止めて行くのでしょうか。

*「戦没者追悼式 平和のつどい」については、2018年8月11日・17年8月6日・16年8月6日・15年8月8日のブログで取りあげています。ご参照ください。

復活しました!

昨日からやっと普通の生活に戻ることが出来ました。

先週の中ごろから喉の痛みを覚えていましたが、週末、肩や腕が突然痛みだし、「首」が回らなくなりました。
夜、布団に入りますが、身体が痛くて眠ることが出来ません。じっとして動かなければよいのですが、身体を横に向けたり寝返りをしようとすると、激しい痛みで目が冴えてしまいます。

1日3回、痛む場所と効きそうなツボに大量のお灸をし、風呂上りに「バンテリン」を塗り、少しづつ肩や「首」を回してみましたがなかなか効果が出てきません。

結局、5日間は眠れずに夜中から朝まで起きていました。深夜テレビを見たり、布団の上でうなだれて座っていました。それでも朝5時頃になると急に眠気に襲われ、2~3時間眠ってしまいました。

この時、「夢」を見ました。

全てを覚えてはいませんが一つは、横山大観だったか竹内栖鳳の展覧会準備を8階催事場でしていた時のことです。
夕方から内装業者が展示会場を造作し、いよいよ絵の展示を始めようとしている時、一人の紳士が、『こんな状況で私の絵を預けることは出来ません。』と。

高島屋から来ていた企画部の部長が私を呼び、『この者は、信頼できる社員です。社内で責任を持ってお預かりをいたします。』と。

目が覚めた。

そういえば開店後に催事課に配属され、本社ビルにあった「友の会」の和室に時々泊まることがあった。あの時、和室で「絵」と一緒に寝たのか、保安室(店内)で保管したのかは思い出せない。

人間の記憶、意識は不思議だと思います。
言葉や風景、におい等で何十年も前のことを突然思い出すことがあります。普段全く意識していないことなのに。

人は皆、これまでの人生の中で経験したこと、言ったこと、聞いたことの全てを覚えていると思います。
しかし、生きて行くためにあえて、「忘れる」能力を身に付けているのではないでしょうか。

全ての記憶をいつも意識していては、今を生きることは出来ません。
「忘れる」ことにした記憶が一つ復活し、身体が動きだしました。

映画「新聞記者」

6月28日から公開されている「新聞記者」を先日見ました。
望月衣塑子(東京新聞社会部記者)さんの書いた「新聞記者」を原案に作られた映画です。

5月に望月衣塑子さんの講演を聞き、本も読んでみました。どんな映画になるのか興味がありました。

テーマは「権力と報道」です。

大学の新設計画にまつわる極秘情報の真相を暴く物語です。
加計学園、詩織さんの性被害、前川喜平前文部科学省事務次官の「出会い系バー」報道等を連想させる、安倍政権と関わりのある事件が絡み合って展開していきます。

見終わって、重たい感じになりました。全体に暗く、怖い雰囲気が漂っています。

映画の中で、「内閣情報調査室」が現政権を守るため不都合なニュースをコントロールし、世論を作り上げていく姿は、加計学園、詩織さん、前川喜平氏で実際に見せられてきたものだけに、姿なき権力の怖さを理解させるものでした。

「この国の民主主義は形だけでいいんだ」と官僚が語るシーンがありましたが、現在の閉塞感を感じさせる象徴的な言葉だと思います。

望月さんは本の中で、ある役人の言葉を紹介しています。『頭がいいとか、どこの社とかじゃない。自分が新聞記者に情報を話すかどうかは、事の本質に関して、その記者がどれだけ情熱をもって本気で考えているかどうかだ』。また、「ここまでなら言ってもいいと線引をしている」と書いています。

それは、ひたむきに真実を追求する記者の姿勢に組織や立場を超えた「共感の心情」が生まれるからではないでしょうか。

新聞記者も役人も「人」です。

もう少し「人間関係」に迫った表現があった方が良かったのでは、と感じる映画でした。

【7月14日追記】 これまでいろいろな問題について、近隣市役所を始め埼玉県庁や省庁へ相談に行ってきました。担当者からは決まって、『吉川市さんのことは、吉川市さんが一番分かっていると思います。個別具体的な事案について、私どもが言う立場にはありません。お話しできるとしても、あくまで一般論でのお話しです。』と、はじめに言われます。

どういわれても、分かっている方に直接お会いし話すことが重要だと思っていますので、先方の都合に合わせて伺うようにしてきました。。

「解決」したい問題について、内容と状況を説明します。そして私が「何のために・誰のために、何をしたいのか」を伝えます。関連する資料や問題を取り扱った「議会報告」のチラシ等も用意します。目的と自分の立ち位置をはっきりさせることが必要だと考え、そうしてきました。

また市の考え方や主張を明確に伝えるとともに、私の考えや意見を聞いてもらうこともあります。そうしていると、いろいろな形で担当者から示唆を受けることがあります。

ある省の担当者は、『稲垣さん、議会でこういう質問をされたらどうですか』とつぶやきました。それは、市の判断の誤りを突く核心的内容でした。また別の所では、担当者が自分の休日を使って吉川へ来て「現場」を確認されました。その上で、『自分のところではこのように判断する。その理由はこうです』と話されたことがあります。

市と市民にとって、より良い方向性を考える大きなヒントを与えて頂いたと思っています。自信を持って取り組むことが出来ます。

新聞記者も議員も、「情熱」と「信頼」そして「共感の心情」があってよい仕事が出来るのではないでしょうか。

*望月衣塑子さんについては、5月19日のブログで紹介しています。

対韓輸出の規制

トランプ米大統領が朝鮮労働党 金 正恩委員長と電撃的に板門店で会談を行った翌7月Ⅰ日、政府は半導体材料3品目の対韓禁輸を発表しました。

7月4日から、輸出手続きでの簡略化をする「優遇措置」の対象から韓国を外すという。

元徴用工問題、自衛隊へのレーダー照射そして元慰安婦の「和解・癒し財団」の解散について、解決へ向けた対応をしない韓国への対抗措置とされています。

政府は、「信頼関係に基づく輸出管理の継続が困難と判断。安全保障の観点から見直すもので、対抗措置ではない」としていますが、韓国も、日本でも信じる人はいません。

韓国側は、「撤回しなければ、WTOへの提訴をはじめ対抗措置を取る」、「元徴用工訴訟で日本企業に賠償を命じた、韓国最高裁の判決に対する経済的な報復」、「民主主義の原則に照らして常識に反する」、「相応の措置を検討する」等、の主張をしています。

韓国の主要産業である「半導体」をネライ撃ちにした措置であることは明確ですが、米中通商紛争のあおりで低迷している輸出にさらに追い打ちをかけたことになります。

これまでの韓国の反応・指摘は、政府の想定内のことだと考えられますが、しかし、問題はこれからだと思います。

6月29日に閉幕した主要20ヶ国首脳会議で、自由貿易の重要性と反保護主義を掲げてきた日本に対し、世界から批判が集まることやWTO違反の声が高まる恐れがあります。
また韓国程ではないとしても、国内の電気・自動車・精密機械、半導体製造装置業界などへの影響が出てきます。さらに、将来的には半導体材料の調達先を日本以外の国へ変更することも考えられます。

解決が長引けば、日本・韓国ともに疲弊し関係がさらに悪化することは当然です。

「この際、徹底的にやれ」。「報復は即時撤回せよ」という考えがありますが、どちらも難しい感じです。

「官邸」の強い意向で出された措置のようですが、「官邸」はこの後の対応をどこまで考えているのでしょうか。

【7月7日追記】それにしても、実質的に禁輸となる7月4日は参議院選挙の告示日です。昔から、国民の目を海外に向けさせ国内の問題からそらすのは常とう手段ですが、この時期にやる意味がありません。強い安倍政権をアピールし、ナショナリズムを喚起するためて゛しようか。

韓国もよく分かりません。現政権に限らず支持率が下がると日本を敵対視してバッシングを繰り返します。また政権が変わると、前の大統領や関係者を逮捕したり、自殺に追い込む変な民主国家です。

日本の司法も完全に独立しているとは言い難いですが、韓国最高裁の判断は余りにも時の政権に忖度していると思います。

国際関係、外交の基本は「合意は拘束する。約束は守らるべし」です。国と国の間で交わした約束事は、政権が変わっても守らなければなりません。

「和解・癒し財団」の一方的な解散(6月)もおかしなことです。

そうは言っても、そんな国が隣にあり、長い歴史の中でお互いに影響を与えてきました。現在は、部品を相互に供給して生産活動を行う(水平貿易)関係です。パナソニックやソニーがLG製有機ELパネルを使ってテレビを生産しています。いろいろな産業でそれが進んでいます。

この問題で報復が報復を生み続けて行けば、韓国経済は破滅的な危機に陥ると思います。アメリカ・中国の介入や、「のっびきならぬ事態」へ行く前に解決をしなければなりません。

日本には、「大人の対応」が求められるのではないでしようか。

エレベータリニューアル専門部会

先程、エレベータ(EV)リニューアル専門部会が終わりました。
今年の3月から始まり、今回で5回目です。委員8名と現在の管理組合三役が構成員です。

管理組合から要請を受け、1月から準備を始め、エレベータ(EV)リニューアルについての答申をする専門部会に参加することになりました。

早いもので来年、マンションに移り住んで30年になります。
管理組合の理事長や大規模修繕委員会の委員長等をやったことから、EVリニューアル専門部会のメンバーに選ばれました。

若く元気な方にお願いしたいと思いますが、入居して30年もたつと、私と同じに定年を迎え再雇用も終わった方が多くなりました。現役で仕事をしている方が少ない感じです。EVの専門家はいませんが、建設会社や機械関係の会社で仕事をしてきた(している)方もおり、それなりに幅広く議論をしています。

5台あるEVを6,000万円~8,000万円かけてリニューアルする工事です。

首都直下型地震が心配される中、地震や停電時の「閉じ込め」対策や、工事をする8日間から1ヶ月の間EVが使えない生活にどう対応するかを始め、全てを新たにするのか、部分的に改修するのか、メーカーの違い(優位性)と工事費の削減方法等、調査・検証すべきことが多くあります。

また、今使っているEVの部品供給はいつまで続くのか、「既存不適格」と管理組合の責任についても、明らかにしなければなりません。
さらに、310世帯の住民へ現状と課題、対応策を分かりやすく伝え、意見を聴取することも必要です。

居住者の高齢化が進む中、最小の費用で「安全」と「安心」を確保しなければなりません。

「安全に使える間は最後まで使うべき」と「より安全で安心なEVに」という考え方の中で、議論はまだしばらく続きそうです。

そういえばかつて百貨店を作った時、三菱と日立のエレベータ・エスカレータを大量に発注したことがあります。
メーカーから、出来上がったので工場へ来てください。「翌日はゴルフですか、釣りにしますか」と聞かれました。

残念ながら忙しくて、行く時間が取れませんでした。

【6/30日追記】 市の事業と同じで、必要性と有効性を検証しています。本当にやらなければならないことなのか、いつやるのか、どんなやり方をするのか。そして、どれ程の効果が期待されるのか(日々の生活のなかでの快適性)です。さらに、安全性や法的な視点、資産価値の維持という側面からの検討も必要になってきます。

同時に、居住者の思い、期待があります。30年近く経ち、いずれ近いうちに直さなければならないのだから、早く進めてほしい。工事期間中はEVが使えなくなるので、身体がまだ動くうちにやってほしい。また、マンションは年数がたつほど修繕にお金がかかる。この先3回目の大規模修繕を考えると、出来るだけ出費を抑え、修繕積立金を貯え大切に使ってもらいたい等の声です。

必要性・有効性等の「理屈」だけでは判断できないところが、難しいところです。