小さな旅

昨夜11時半に寝たせいか、今朝3時半に目が覚めました。

起きてバタバタする訳にもいかないので、しばらくそのまま布団の中で『もそもそ』していました。

5時に家を出ました。久しぶりの「散歩」です。

くすんだオレンジ色の月が、濃いブルーの空に輝いていました。ついこの間まで暗闇の世界だったのに、足元を照らす懐中電灯なしで歩ける明るさです。いい朝です。

3月議会は20日に終わりましたが、吉川市議会で初めての当初予算「減額修正(案)」提出もあり、忙しい議会でした。

 議会終了後も、小学校の卒業式や議会広報委員会等への出席、3月議会報告チラシ(会派及びいとう・いながき)の作成をかなりのスピードで行いました。

このひと月、議会中心の生活でしたのでほとんど「散歩」をしていません。今月は20万歩程度で終わりそうです。

久しぶりの「朝の散歩」。随分と春めいてきたと感じました。夜明けの時間、木々の芽吹き、冬の冷たさとは違う爽やかな空気、『新緑』の季節も間近です。

レイクタウン調節池の一角に、ビオトープゾーンがあります。遊歩道からは、木々の間に池の水面が見えます。水面(みなも)は朝陽を浴び、キラキラと輝いています。道路側を見上げると、『しだれ桜』の並木が続いています。木の下には『雪柳』が隙間なく繋がっています。桜(染井吉野)は散り始めてきましたが、『しだれ桜』はもう少し楽しめそうです。少し濃いピンク色の花びらが綺麗です。

輝く水面、しだれ桜、雪柳の中にいると、自分がまるで別世界にいる様に思います。遠くの土地に来ている様に感じます。そして、『名人』と言われたお花の先生に、『偉くなったり、お金持ちになることも幸せかも知れませんが、身近な花や木々で「季節の移ろい」を感じられることも幸せではないですか』と言われたことを思い出します。

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です